最近の質屋さんは質草を入れるのではなく、品物を直接買取るところも増えていますが、質屋さんである限りは、品物を質草に取ってお金を貸すということがあくまでもメインなのです。

それは、全国どこでも看板に質屋といれているところでは変えられない事実で、もちろん換金性が高い価値のある「品物」であることが前提ですが、「品物」を預けてお金を借りることが可能なのです。

一般的に質預かりというのは、お金を貸すための担保となる「品物」を質屋さんが預かるということで、一定の金利が発生して、その金利分を含めた借りたお金を返すことで「品物」が手元に戻ってくるわけです。

それは全国どこでも仕組みとしては同じで、東京の渋谷にあっても、北海道の札幌にあっても同じです。

古くからの街には、まだひっそりと隠れるように質屋さんがあるのが普通です。

東京でもそれは同じで渋谷や恵比寿などの、流行の最先端をいく街でも質屋さんは生き残っています。

もちろん、ひっそりとばかりはやっていられないので、大きな看板をかかげて若者向けに買取を強化している質屋さんもたくさんあります。

最近ではインターネットのネットショップでも、買取を行っているお店はたくさんありますが、質屋さんのように一時的に品物を担保にお金を貸すという仕組みはまだインターネット上ではないようです。

価値のある品物を一時的にお金に変えたい、そして、品物は失いたくないという場合には質屋さんを利用してみてはいかがでしょう。

《参考記事:質屋ってなに??高額買取を狙え!質屋の仕組みと体験談! – NAVER まとめ